読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書する女

本を読むこと以外、すべてのことを放棄してしまいたいエディター&ライター、Aliceによる本の話、日々のこと。

BOOK017 『さようなら窓』 東 直子

f:id:Alicebook:20170510191310j:plain

Amazon CAPTCHA

男女の間で、“気づいてしまうこと”は時に命取りになります。

それは決して、浮気とか、嘘とかそういった類のものだけではありません。

“好き”だと思い込んでいただけで、実は“好き”じゃない、と気づいてしまうなんて、致命的な“気づき”も存在します。

 

そして、本作に登場するきいちゃんとゆうちゃんも、気づいてしまうのです。

致命的な事実に。

 

この2人にとっての致命的な“気づき”になったのは

「一緒にいると自分がダメになる」

「一緒にいると、自分のせいで相手をダメになってしまう」

というもの。

大好きなのに、一緒にいたいのに。

一緒にいるとダメになる。

こんな悲しい話があるでしょうか。

 

きいちゃんとゆうちゃんは、その“気づき”によって離れることを決心するのだけれど、私はきっと、いや、間違いなく、たとえ気づいてしまったとしても、見なかったことにして、蓋をして、大好きな人の隣に居つづけてしまいそう。

早く気づけは傷は深くならずに済むのかもしれないけれど、気づいているのに見ない振りをすると、傷はどんどん深くなっていくものです。

気づいてしまったけれど、見なかったことにしたい。

傷がどんどん深くなっていくのを自覚しながら、それでも一緒にいたい欲求に抗うことができない、そんな感覚こそが、恋を恋たらしめる、愛を愛たらしめているのだと思うから。

 

東さんの小説を読むと、どういうわけか東さんの短歌集がよみたくなります。

小説の東直子さん。

短歌の東直子さん。

それぞれが、私に投げかけてくるものと向き合っていると、言葉の在り様についてあれこれ考えさせられます。

そんな自分の中で起きる相乗効果も楽しみのひとつです。