読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書する女

本を読むこと以外、すべてのことを放棄してしまいたいエディター&ライター、Aliceによる本の話、日々のこと。

いつかのお買い上げ本。

今日のお買い上げ本

仕事を調整して、早めの年末年始休暇をとった昨年。

お休みの間にたくさん本を読むぞ! という固い決意のもと、本屋さんに行っては本をあれこれ買い込んだのでした。

 

「そのうち、どれだけの本を読んだの?」

とか

積読の山は、少しでも低くなったの?」

なんて聞かないでください。

だって、結果は!  みなさん、おわかりでしょう?

 

あれこれ買った本のなかの、2冊がこちらです。

 


f:id:Alicebook:20170113221828j:image

 

この2冊は、どちらも本屋さんで買ったものではありません。

恵比寿にあるギャラリー、LIBRAIRIE6 / シス書店で購入しました。

美人オーナーの佐々木聖さんとは、ひょんな縁から知り合って気になる展示があると足を運んでいる、お気に入りの場所です。

自分はシュルレアリスムが好きなことに気づかせてくれたのは、ここLIBRAIRIE6 / シス書店であり、佐々木聖さんでした。

訪れたときは 「山尾悠子 歌集『角砂糖の日』出版記念展 + 合田佐和子/ まりの・るうにい/山下陽子展 」の会期中。

山下陽子さんは私のとても大好きな銅版画家さんで、展示はなるべく見に行くようにしているのです。

 

そして、もうひとつの目的は、 山尾悠子さんの 歌集『角砂糖の日』を買うためです。

この『角砂糖の日』の版元は、LIBRAIRIE6 / シス書店。

1982年に刊行され、絶版、幻になりかけた小説家・山尾悠子さんの歌集を新装版として復刊させたのです

「書店というからには、いつか本を出してみたかったの」

という女主人の言葉が耳に残っています。

そして、金子國義さんの本も関連展示をLIBRAIRIE6 / シス書店で行ったという縁の1冊なのでした。

 

というわけで、いつかのお買い上げ本。

⚫『金子國義スタイルブック』 金子修・岡部光 編著  アートダイバー

⚫『角砂糖の日』山尾悠子  LIBRAIRIE6 / シス書店

でした。

 

本屋さんで出会う本。

本屋さんじゃない場所で出会う本。

どちらの出会いも、素敵なものです。