読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書する女

本を読むこと以外、すべてのことを放棄してしまいたいエディター&ライター、Aliceによる本の話、日々のこと。

いつかのお買い上げ本。

年末進行の忙しさのなかで、時間を見つけては本屋さんにいって、積読の山の高度を上げつづけておりました。

ということで、いつかのお買い上げ本。

 

f:id:Alicebook:20161207212944j:plain

●『ずっと独身でいるつもり?』KKベストセラーズ

 

●『東京を生きる』大和書房

●『女の子よ銃を取れ』ポット出版

●『自身のない部屋へようこそ』ワニブックス

●『まじめに生きるって損ですか?』ポット出版

 

計5冊。

すべて先日亡くなった雨宮まみさんの著作です。

おそらく彼女が亡くならなければ、その著作を手に取ることはなかったと思います。

なぜなら、私は"弱者"とカテゴライズされるような人たちテーマにした創作物でお金儲けをしている匂いがする方の作品に、お金をびた一文も払いたくないと思っているからです。

 

雨宮さんが注目を集めるきっかけになったのは『女子をこじらせて』という作品。

女性としての自分に自信がもてなかったり、肯定的に思えなかったり、女性に生まれたがゆえの社会から受ける扱いに悶々とした思いを抱えていたり……。

さまざまな理由で女性としての自分をこじらせている人に向けた強烈なメッセージブックとして、当時は扱われていました。

 

そんな世間の評価を耳にして

「女性である自分と向き合うことすら苦しい人だっているのに、そういう人の気持ちに寄り添うふりをして、お金儲けをしようとしている人」

というレッテルを雨宮まみさんに貼りつけて、著作を読もうともしなかったのです。

 

でも、雨宮さんがお亡くなりになって今後作品が出ないということは、私のなかの雨宮まみさんに対する認識を覆す機会はなくなってしまったということになります。

著作も読まずにあれこれ言うわけにはいかないという理由から、先日『女子をこじらせて』を読んだのです。

 

読んでみて、私が著作も読まずに雨宮まみさんに貼りつけたレッテルは間違っていたことに気づきました。

そして、彼女の書く、他社と理解しあいたいと渇望すること、でも理解し合えないという諦め、自分で自分に対して抱く期待と裏切られた悲しみなどなどに打ちのめされたのです。

これは苦しむ人に寄り添う振りをしてお金儲けをする輩とは大違い。

どうして今まで、避けてきてしまったんだろうと大きな後悔に襲われました。

 

だから、雨宮まみさんの著作大人買い

死を悼むとかそういうことではなく、純粋に雨宮まみさんという書き手を知るためのお買い上げです。